ハードウェアキーロガー

去年はハードウェアキーロガーの対策で卒論を書いたので,ハードウェアキーロガーの現状についてつらつらと書き綴っていく.

 

1.キーロガーとは

キーロガーとは,キー入力を取得するソフトウェアあるいはハードウェアを指す.

分類としてソフトウェア型とハードウェア型に分かれる.

ソフトウェア型はウイルスの一種と考えて良いだろう.

大抵はインターネット上から感染し,ユーザが知らぬ間にキー入力を取得する.

ソフトウェアとして動作するため市販のウイルス対策ソフトやセキュリティキーボードが有効な可能性がある.

一方,ハードウェア型は対象のPCに物理的に取り付ける必要がある.

ただし,あくまで電気信号を読み取るだけなのでソフトウェア上での検知は不可能であり,唯一の検知方法は目視である.

 

2.ハードウェアキーロガーの規格

最初にキーボードとハードウェアキーロガーの歴史について.

最近のキーボードはUSB規格のものが多いが,昔はPS/2の方が主流であった.それに合わせてハードウェアキーロガーもPS/2用のものが多く販売されてきた.

しかし最近ではUSB規格のものが増え,ハードウェアキーロガーもUSB規格に対応したものが主流になっている.

 

3.ハードウェアキーロガーの性能

最近では性能も高性能なものになっている.

容量については4~16MB程度のものが主流となった.1回のキー入力は1バイト使うため4,000,000~16,000,000回記録できる.ただし,容量については2GB などの大容量なものも登場しつつある.

また,最近ではWiFiに対応したものも登場している.詳細は後述.

 

4.ハードウェアキーロガーの設置

ハードウェアキーロガーは物理的な装置であるため,対象のPCに直接取り付ける必要がある.しかし,PCは常に使用しているわけではなく,またUSBキーボードは本体の裏側のポートと接続されていることが多い.そのため,一度設置してしまえばバレることは少ないのではないかと考える.

また,今までのハードウェアキーロガーは仕掛けた本人が回収することが必須だったが,最近はWi-Fi対応のハードウェアキーロガーも登場している.アクセスポイントは自分で用意する必要があるが,自動メール送信機能を使えば半永久的に自動でキー入力を取得することも可能となる.

 

5.ハードウェアキーロガーの入手性

ハードウェアキーロガーはebay.comやamazon.comでkeyloggerと検索すれば簡単に見つけることができる.また,日本のサイトでもamazon.co.jpで販売を確認している.

価格としては普通のものが5000円程度.大容量は7500円程度.WiFi対応のものは1,5000円程度だろうか.

今の時代,ネット通販で簡単に入手できるようになり,価格も5000円程度と手が届かないわけではないことがわかる.

 

6.ハードウェアキーロガーの対策

電気信号を読み取る物理的な装置であるため,ソフトウェアによる対策は不可能である.そのため,目視による検知が最も効果が高い.

キーボードとPCの間を暗号化する方法もあるが(私の卒研),USBのHIDクラスに準拠したキーボードでは暗号化を行うことができないだろうし,そもそも高くなるから企業も販売しないだろうなぁ…

 

7.これから

現状ではあまり問題とされていないが,価格を含む入手性や設置の容易性から,今後は被害が増える可能性があるのではないかと考える.

現状の対策は目視くらいしかないので,IDとパスを打ち込むPCはハードウェアキーロガーが仕掛けられてないか確認しましょう.

 

PIC24FJ64GB002でPWMを使うための覚え書き

自分用です.この内容には自信がないので,もし参考にする人がいたら最初にデータシートを読むことをおすすめします.

 

1.目的

LEDドライバのTLC5940をPICで制御しようと思ったら,クロックを入れる必要があるらしい.

なのでPWMをクロックにしたい.

続きを読む

ProcessingでPGM形式の画像を扱いたかった話

すっきりとした扱い方はできなかったという話.

今回は読み込みしか行わなかったけど,同様な手順で書き込みもできるはず(確認はしていない).

結論から言うと,PGM形式の画像はProcessingのloadImageで読み込むことはできず,OpenCVを使って一旦png形式にしてからPImage型の変数に読み込んだ.

以下はそれまでの過程.具体的な方法だけ知りたい人は一番最後だけ見るべきかも.

続きを読む

passwdの改変とか

最初に

管理者なら利用者のパスワードを取得する機会があるはず.

もしパスワードの使い回しとかしてたらとても危険なことになる.

では,管理者が利用者のパスワードを取得するにはどのような方法がある?

続きを読む

ModelSim-AlteraでFPGA入門(1)

研究で使う可能性があるからFPGAをやり始める.

言語はとりあえずVerilog.評価ボードはそのうちDE10 nanoを買うかもしれない.

なお,ここにある情報は2017年4月24日時点のものであり,古くなって使えなくなる可能性が高いので注意.

 

続きを読む

FPGAを始めたい

研究の関係でFPGAを触りそうなので,FPGAを触り始めようかと思う.

高専の実験では実機をAlteraのCycloneⅡ,言語をVHDL,開発ソフトをQuartusⅡを使用した.

ちなみに,実際に作ったのは加算器とかCPUとか.

FPGAの代表的なメーカーとしてはintel(旧altera)とxilinxとがあり,HDLにはVerilogとVHDLがある.

メーカーは実験で慣れており,研究室にもあるaltera.言語はどちらでも良いがUSBのライブラリに合わせてVerilogを使ってみようかと思う

(ライブラリと言語を変えても大丈夫かとか,そもそもライブラリは使えるのかとか調べてないけど).

評価ボードとしてはDE0が人気らしいけど,最近性能が強化されたDE10 nanoが発売されたので,気が向いたら買ってみようかと思う.

それまでは,HDLの復習がてらModelSimで勉強しようかと.

 

色彩雫のミニボトルを買った

ガラスペンをもらい,小さめのボトルが欲しくなった.

最初は元々持っていたインクを小瓶か何かに移して使おうと考えていたのだけれど,なかなか良い小瓶が見つからず,断念.

良い機会なので,色彩雫のミニボトルを買うことにした.

色は持っていない系統の松露,孔雀,山葡萄にした.

 

先日,図書カードをいただいたこともあり,図書カードで色彩雫を買えないかどうか調べてみた.

図書カードの取扱店舗を調べてみるとコーチャンフォーで使えるらしいと分かり,早速向かってみたが,3色揃っておらず買えなかった.

同じ日に別の店舗に向かうも,こちらも3色揃っておらず断念.

その後,札幌駅周辺の本屋(三省堂,文教堂,紀伊国屋,ジュンク堂)を巡るも,3色揃っている店舗はなく,結局セントラルで現金払いで買った.

 

まあ,多少遠回りはしたが無事に手に入った.

大切に使っていこう.

ガラスペン

卒業祝いとか入学祝いとか成人祝いとか,なんか色々まとめてガラスペンをもらいました.

もっと勉強しろってことですかね….

 

ガラスペンは管清風の雅,色はクリアです.

雅は自分に合った太さで,色はクリアなのでいろいろなインクが使えます.

重さとしては,やはり硬質ガラスなのでプラスチックよりも重いです.

 

ペン先の太さは日本製万年筆のEFくらいかと思います.

ただ,インクをどれくらいつけるかによって太さは少し変わります.

 

今は使い始めたばかりだけれど,使い続けられる程度には使い勝手がよく,気に入っています.

 

また,京都のお土産でこんなものをもらいました.

まめも というもので,小型の便箋みたいです.

様々な絵柄があり,面白いものもいくつかあるっぽいです.

使う機会は少ないけれど,絵柄が気に入りました.